ブログ

2018年1月4日

答えは自分の中にある

 悩んでいるとき、迷っているとき、つらいとき・・・
 いろいろな場面で、問題を解決したいと思ったとき、どうしていますか?
 誰かに答えを聞きますか?
 誰かの言うとおりにやったら、楽なのかもしれません。
 でも、それが最善のものかどうかわかりません。
 うまくいかなかったら、あのとき、言うとおりにしたのにうまくいかなかったと、人のせいにしてしまいますか?
 人の言うとおりにしてもうまくいかないことが多いです。
 よく男性が、女性の悩み相談は相談じゃない、答えが決まってるのに聞いてくると言うのを聞きます。
 女性に限らず、人は自分のなかにどうしたいかという答えがあるのです。
 でも、それが何なのかわからないのです。
 頭の中がゴチャゴチャしていて、何がなんだかわからないのです。
 悩んでいるとき、振り子のように心が大きく揺れていきます。
 振り子を想像してみてください。
 大きく振っても、最後はあるところで止まります。
 自分の心も振ってみるのです。
 どんなに大きくいろんな方向に振ったとしても、最後はあるところでピタッと止まります。
 すべて自分の心の中にある迷いです。
 迷えばいいのです。
 必ず自分の心があるところで止まります。
 迷うことを頭の中でやっていると、何がなんだかわからなくなってしまいます。
 自分の思いを整理しようと思えば思うほど、わけがわからなくなってしまいます。
 正解なのか、それとも間違いなのかと考えてしまいます。
 でも、正解も不正解もないのです。
 どっちにいってもいいのです。
 正解を求めようとすると、わけがわからなくまってしまいます。
 人の顔色をうかがっても、正解があるわけではないのです。
 自分でどうしたいのかという答えは、自分の中にあるのです。
 いろいろ問答していく中で、その人自身が自分の思いに気付いていくのです。
 人の価値観にあわせて決めるのではなく、ありのままの自分を受け入れて、自分の思いに気付いていきます。
 自分がどうしたいのか、どんなふうになりたいのかを表現していくのです。
 ぼんやりしていたことが、明確になっていきます。
 白いキャンバスに、自分らしい絵を描いていくのです。
 私は、そのお手伝いをしています。
 自分の中にあるいろんな思いを吐き出していくと、いらないものはなくなり、必要なものだけが残ります。
 不安、恐怖、心配事を吐き出していくと、自分の思い通りの人生を生きることができます。
 不安、恐怖、心配事の通りになってしまう人生となりたい自分になれる人生、あなたはどちらがいいですか?