ブログ

2018年1月5日

人を信じられない人、人を認められない人

 人を信じたり、認めることができない人がいます。
 でもそれは、他人のことを認めていないのではないのです。
 自分自身を認めていないのです。
 自分を否定しているのです。
 いいところも悪いところも、ありのままの自分を受け入れていないのです。
 自己肯定感が低い人なのです。
 人のことを認めたければ、まず自分を認めることです。
 子育てをしていて、子どものことが許せない自分、子どもに対して思っているのではなく、
 実は自分に対して思っていること、許せないことなのです。
 教師が生徒に対して怒っていること、それは自分の嫌なところ受け入れられないところなんです。
 まわりにいる人たちは自分の鏡でもあります。
 自分自身を認めれば、人に対して許せないと思っていたことが気にならなくなります。
 その人を認められるようになっています。
 完璧な人間でなくていいのです。
 人間は、不完全だからおもしろいのです。
 不完全だからこそ、進化し続けられる、成長し続けられることなんです。
 今、不満足なことがあるから、その不満足を満足に変える幸福感が得られるのです。
 できない自分がいるから、人の痛みもわかるのです。
 誰かが思っていることではなく、自分が否定しているだけなのです。
 自分が認めてあげれば、人が自分を認めてくれるのです。
 すると、どんどん楽になります。
 気持ちが楽になると、体も楽になります。
 そして、自分が楽になった分だけまわりの人も楽にできるのです。
 大人が変われば子ども変わります。
 まわりの人に不満がある人は、まず自分を認めてあげましょう。