ブログ

2018年10月31日

漫画「添加物まみれの母性」

 

 

 

 

 はじめましてなちゅらるばらんすです。

 

 

 ブログ訪問ありがとうございます。

 

 

 漫画「添加物まみれの母性」を読みました。

 

 

 マイホームが欲しい母親が、貯金のために食費を削り、夫や子供にカップラーメンやポテトチップスしか与えないという話です。

 

 夫は、毎日カップラーメンで、夜はスナック菓子です。

 

 まだ生まれたばかりの赤ちゃんは、ポテトチップスをお湯でふやかして、それを離乳食として与えます。

 

 添加物まみれのごはんで、夫も赤ちゃんも気が狂います。

 

 というところから始まります。

 

 

 

 現実にありえないと思うかもしれませんが。

 

 これを読んだときに、ある男子生徒のことを思い出しました。

 

 

 ある高校で、新入生のオリエンテーションで出会いました。

 

 工業高校だったので、制服や教科書の他にも、実習服や教材の購入もあるので、親子で参加してもらうのですが、親は不参加で、購入代金ももっていない。

 

 入学式も午後からなのに、朝から1人で来ていて。

 

 入学後も親が顔を出さないので、教材費も払ってもらえない。

 

 担任が家庭訪問してもお金がないと言われ。

 

 昼食の時は、肉まんを1袋とか、チンしないと食べられないものばかり。

 

 電子レンジは、貸せないというと、「これしかないから。お母さんに渡された。お金もない」と。

 

 毎日でした。

 

 話していると、お父さんのお給料のほとんどが、お母さんの化粧品代とサプリメント代でなくなるそうです。

 

 

 支援員をしていたときに出会った小学生も、母子家庭で同じようなことを言っていました。

 

 

 高校生になると、バイトもできるので、自分で稼ぐこともできますが。

 

 奨学金も家庭の生活費になり、バイト代も親に渡している家庭も多かったです。

 

 

 いろんな子どもたちを見てきたので、いろいろ思い出します。

 

 興味のある方は、読んでみてください。

 

 

    添加物まみれの母性>>

 

 

 

関連blog

 

  おすすめの漫画

 

  なちゅらるばらんすのブログ

 

 

 

 

 まんが王国でも読めますよ。