ブログ

2018年11月12日

漫画「妊娠したら死にたくなった~産褥期精神病~」感想

 はじめましてなちゅらるばらんすです。

 

 

 ブログ訪問ありがとうございます。

 

 

 今日は、漫画「妊娠したら死にたくなった~産褥期精神病~」を紹介したいと思います。

 

 衝撃的なタイトルだったので読んでみました。

 

 産褥期精神病という病気もはじめてでした。

 

 読んでみると、作者 橘ちなつさんが体験された実話でした。

 

 

 漫画家という仕事は、精神的に追い詰められることもあるのでしょう。

 

 独身時代、少女漫画家として活動されていたとき、病院で軽度の抑うつ状態と診断され、抗不安薬を処方されたそうです。

 

 抗不安薬は、飲めばホッと楽になれる薬だそうです。

 

 でも、依存性が強く出て、断薬が難しいそうです。

 

 

 その後、仕事を辞めて結婚をされます。

 

 旦那さんが、薬剤師で薬の副作用なども知っていて、子どもはあきらめていたそうです。

 

 本人の強い希望もあり、1年ぐらい薬も飲んでいないということで妊活、妊娠となり、幸せの絶頂!

 

 妊娠中、つわりがひどかったそうです。

 

 産褥期精神病は、原因不明だそうです。

 

 薬のせいなのか、つわりがひどかったことも影響しているのか?

 

 

 出産後、子どもと一緒に幸せな時間を過ごしているはずだったのに、

 

拘束されて精神病棟にいるというところから始まります。

 

 

 体験されているということで、精神科閉鎖病棟での出来事はリアルに描かれています。

 

 

 精神科病棟は、私も仕事で行ったことがありますが、何とも言えないものがあります。

 

 私は、摂食障害の子どもたちの学習支援に行ってました。

 

 治療の途中で、逃げ帰ってしまうケースばかりでした。

 

 主治医とけんかして

 

 摂食障害なので、逃げ帰れたのですが。

 

 

 妊娠中というのは、いろんな不安があると思います。

 

 調べてみると、作者が特別というわけではないんです。

 

 妊娠、出産は、当たり前だと思っている人が多いのかもしれませんが、

 

普通ではなくすごいことなんだと思います。

 

 私も、結婚、妊娠、出産を経験していないので、まわりから全否定のようなことを言われてきたので、肩身の狭いことも多いです。

 

 漫画を読んでいて思ったことは、「不安・恐怖・心配事」を吐くことが大事だなあと思いました。

 

 励ましたりすることより、聞いてあげることです。

 

 弱音を吐くと、楽になるんです。

 

 お母さんは、10年ぐらい不妊治療を続けてやっと子ども(作者)を授かったということなので、母親の心配や不安もあるのかもしれませんね。

 

 

 妊娠したら死にたくなった~産褥期精神病~は、

 

まんが王国で先行配信されています。

 

 無料試し読みができるので、読んでみてください。

 

  まんが王国はこちら>>

 

 サイト内で「妊娠したら死にたくなった」と検索してください。

 

 すぐに読めますよ。

 

 分冊版もあります。

 

 普通だと思っていること、当たり前だと思っていることが、

 

実はすごいことなんだと気付かせてくれる作品でした。

 

 

 

 

関連記事

 

  まんがで簡単にわかる!テレビが報じない精神科のこわい話

 

 

関連blog

 

 おすすめの漫画

 

 なちゅらるばらんすのブログ